ラニーニャ現象の発生で、2016-2017年シーズンの降雪はどうなるのか?勝手に予想してみました!

降雪

夏も終わり秋になると、そろそろウインターシーズンの準備に取り掛かっている人も多いと思います。

また、この時期になると、今シーズンの降雪量が気になる頃でもあります。

昨年の、2015-2016年シーズンは、エルニーニョ現象の影響で記録的な暖冬となり、スキー場にとっては大打撃のシーズンとなってしまいました。

2016-2017年の今シーズンの降雪量はどうなるのでしょうか?

先日、気象庁のエルニーニョ監視速報(No.288)によると、「ラニーニャ現象が発生したとみられる。」との発表がありました!

このラニーニャ現象が発生する事により、今シーズンの降雪量にどの様な影響があるのか?少し考えてみました。

スポンサーリンク

エルニーニョ現象とラニーニャ現象とは?

エルニーニョ現象やラニーニャ現象という言葉は、テレビの気象情報でも良く耳にすると思いますが、そもそもどの様な現象なのでしょうか?

太平洋赤道付近から、南米ペルー沖あたりにかけて海面水温が、平年よりも高くなる状態が1年程度続く現象を「エルニーニョ」と呼び、平年よりも低い状態が1年程続けば「ラニーニャ」と呼ばれています。

それぞれの現象が、冬季の気象状況に及ぼす影響は、エルニーニョ現象だと「暖冬」になり、ラニーニャ現象だと「厳冬」になると言われています。

思えば、1998年の長野オリンピックンも、開催前は深刻な雪不足に悩まされていましたが、この時もエルニーニョ現象が発生していました。

ただし、ラニーニャ=厳冬=大雪というわけではなく、ラニーニャ現象になると、気温が平年以下の日になりやすいというだけで、必ずしも降雪量が増えるわけではなありません。

まあ、低温になりやすいので、本来なら雨なのが雪になりやすいので、結果降雪量が増えるという図式にはなりますがね。

2000年以降の主な豪雪と気象状況の関係について

それでは、2000年以降に発生した主な豪雪があった年の気象状況をまとめてみました。

呼称 気象状況
2005年12月
~
2006年2月
平成18年豪雪 ラニーニャ
2010年12月
~
2011年1月
平成23年豪雪 ラニーニャ
2011年12月
~
2012年3月
平成24年豪雪 特になし
2012年12月
~
2013年2月
平成25年豪雪 特になし
2014年2月 平成26年豪雪 特になし

こうして見てみると、ラニーニャだからと言って、必ずしも豪雪になるわけではないようですが、さすがにエルニーニョの時は豪雪になる可能性は低いみたいですね。

2000年以降に記録的な暖冬になった年と気象状況の関係について

続いては、記録的な暖冬と言われたシーズンの気象状況をまとめてみました。

気象状況
1999-2000シーズン ラニーニャ
2001-2002シーズン 特になし
2003-2004シーズン エルニーニョ
2006-2007シーズン 特になし
2008-2009シーズン 特になし
2015-2016シーズン エルニーニョ

先ほどの豪雪の時と比べると、エルニーニョと被るシーズンがありますね。

1999-2000シーズンは、2000年2月に開催された富山国体が、深刻な雪不足のため、開催が危ぶまれたシーズンですが、この時はラニーニャだったんですね。

ラニーニャの時でも、降雪量が少ないシーズンはあるようです。

2016-2017年のウインターシーズンは、ラニーニャ現象が続く可能性が高い?

そして、2016-2017年のウインターシーズンは、ラニーニャ現象が続く可能性が、気象庁の発表では70%だそうです!

気象庁 | エルニーニョ監視速報

過去の傾向から見ても、ラニーニャだからと言って、沢山雪が降るとは限りませんが、少なくとも暖冬にはなり難い期待は持てるので、雪山好きには大歓迎ですね!

2016-2017年の冬の降雪量は?

1999-2000シーズンを省けば、ラニーニャ現象が被ったシーズンで記録的な暖冬になった事はないので、少なくとも昨シーズンのような暖冬にはならないのではと考えられます。

また、前回と前々回(2005-2006シーズンと2010-2011シーズン)のラニーニャでは、12月から2月にかけて、断続的に雪が降り続いていたので、平年以上の降雪があると予想(希望的観測も含め)します。

まとめ

  • 2016-2017年シーズンは、ラニーニャ現象が続く可能性が70%以上
    ※2016年9月9日時点
  • 冬季にラニーニャ現象だと、気温が平年以下の日が続きやすい
  • 過去10年の内、2度のラニーニャ現象時は、どちらも大雪だった

昨シーズンは、全国的に雪不足の日が多く、残念なシーズンとなりましたが、今シーズンは、全国各地で雪害はなくスキー場はしっかりと降る、そんな都合の良いシーズンになったら嬉しいですね!

次回の、エルニーニョ監視速報の発表は10月11日14時です。

スポンサーリンク
プレゼントの最新情報はTwitter でも流しているので、良かったらフォローをお願いします!
プレゼントの最新情報はTwitter でも流しているので、 良かったらフォローをお願いします!
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメント

  1. 厳冬?大雪?今年は一段と寒さの厳しい冬になりそう | 荒波速報 より:

    […] […]